ディオ復活

燃料ポンプが動かずエンジンがかからなかったうちのディオ
注文した中華ポンプが届いたので休日に交換作業を行いました。
ついでに、ちょっと増量しすぎたオイルポンプを吐出量を少な目(ノーマルより多め)にしたポンプに変更も行いました。
画像

これがノーマルのオイルポンプ(加工用に前回取り外した、もともと付いていたものです)。
画像

これをばらして
中に見えているカムを取り外して削ります
画像

タッパー内右上のがカム、これのおむすび型のカムを削ることによりオイルが増量します。
前回は景気良くシャフトと面一まで削ったら削りすぎだったので
今回はしっかりと切削量を考えて削ります。
と言っても、スリットの部分が狭すぎてノギスも入らず
容量測定も計算もできないので
とりあえず0.2mmだけカムを削ります。
画像

そして、これが中華ポンプ
単純な構造なのでよほどの事がない限りは問題が起こることもないと思います。
画像

手元に燃料ホースもあったのでこれもついでに交換しましょう^^
早速交換作業
画像

メットインを外すと、燃料ポンプと、その奥にオイルポンプが見えます。
画像

これがオイルポンプ、オイルが滲んでいるのが少し気になりますが
このくらいは正常の範疇かと^^;

で、オイルポンプを交換。
その後、純正の燃料ポンプを取り外し
念のため負圧を確認・・・・・・
・・・・・・ホースに手のひらを当てクランキングするも妙に負圧が低い
嫌な予感がします。
燃料ポンプの問題じゃないのではないか・・・と
そして、こういう時の嫌な予感はたいてい当たります。
新品のポンプに交換してクランキングするも
ガソリンは一切出てこず(´・ω・`)
嫌な予感が当たりました。
燃料ポンプではなくクランクケース内で何かが起こっているのです。
とりあえず圧縮がかかってキックが重いのでクランクケース内の圧縮を逃がすために
オイルポンプを再度外します。
(オイルポンプはクランクケースに繋がっているので外せばクランクケースの圧が逃げます。)
キックが渋いのでキックを分解して注油して動きをスムーズにして
キック一発クランキング・・・・・・
オイルポンプを外した穴から盛大にオイルを噴きました・・・・・・

整理しましょう
オイルポンプの吐出量過多、もしくはオイルポンプのシール不良により
クランクケース内にオイルが大量に溜まった
その結果、クランクケース内の容積が大幅に減少し負圧を発生させることが難しくなった。
それが原因で燃料ポンプが動かない。
クランクケース内にオイルが大量に溜まった原因が不明ですが
こんな経緯だと推理してみます。
で、あればまずはクランクケース内のオイルの排出です。
プラグも外して圧縮を完全に無くしてオイルポンプ取り付け部にウェスを当て
ひたすらキック!!
派手に吹いていますが、もともとのクランクケース容積から考えても
派手なだけでそんなに溜まっているとは思えません。
案の定、数十回のキック、ウェスとして使っていたフェイスタオルの3分の1くらいが
オイルで濡れたくらいでとりあえずある程度は治まった様子。
負圧がかかりエンジンがかかれば残りは勝手に排出できるだろうから
ここで再度新品燃料ポンプとオイルポンプを組み付け。
今度はキック数回で燃料ポンプからガソリン噴出。
新品のガソリンホースを組み付けプラグも取り付け
エンジン始動・・・・・・
キック数回で無事にエンジンがかかりました。
クランクケース内にオイルが残っているので白煙がすごいですが
しばらく乗ればこれも納まるでしょう。
これで無事にディオ復活
あとは改良オイルポンプの吐出量が足りているかどうか
怖いですね・・・・・・
結果が出るときは、たいてい焼き付いた時ですから・・・・・・
問題はオイルが溜まったのが先なのか燃料ポンプが不調になったのが先なのか?
原因をはっきりさせないと同じ事を繰り返すだけですからね・・・
予想では
燃料ポンプ不良→百裂キックの嵐→オイルだけ吐出しまくり
燃焼させる事ができないからひたすらクランクケースにたまる
→負圧が低くなり燃料ポンプが余計動かなくなる
これだと思うのですが・・・・・・

オイルポンプ不良→オイル漏れによりクランクケース内にオイルが溜まる
→負圧が低くなる→燃料ポンプが動かなくなる→エンジン始動不可

この可能性もあるわけです。
どっちが原因か現状でははっきりさせることができないので
しばらくは様子見です。
まめにエンジンをかけ、それでも同様の症状が起きれば
どこからかオイルがクランクケース内に流れ込んでいると判断すればいいかと思っています。
これが仕事でお客さんのバイクを直しているとかなら、こんな中途半端で済ますわけにはいきませんが
自分の原付で、自分で見れるのですし、別に納期制限があるわけでもなし。
気長に探っていきましょう。

さて、話変わって燃料ポンプの構造
画像

これが純正のポンプ
画像

よほどばらしてほしくないのでしょうね、いじり止めのねじで蓋が固定されています。
画像

しかもネジロックまで塗布されている。
画像

画像

普通なら中は常にガソリンが満たされているわけで錆びることなどないはずですが
今回はガソリンで満たされていなかったために錆が出ていますね。
構造は単純なダイヤフラムポンプです。
部屋が3部屋あり、2つの弁がついています。
それと吸い込み側と吐出側を直接繋ぐスプリング保持のボールが1個
原理としてはエンジンの脈動を利用し
負圧がかかった時にタンクより燃料を吸い込み
正圧がかかった時にそのガソリンを吐出する
必要以上に正圧がかかった場合にガソリン供給過多を防ぐために
ボールが押され吸い込み側の部屋にガソリンを少し戻す。
これにより圧の大小にかかわらず常に一定量のガソリンを供給する。
こんな感じの仕組みだと思われます。

ただし、これはあくまでも予想です。
この予想が正しければ本来ならボールでしっかりと漏れを防ぐはずですが
この燃料ポンプは上の部屋(吐出側)にパーツクリーナーをガソリン代わりに入れてみたところ
ボールの隙間から勝手にパーツクリーナーが全部下の部屋に落ちてました。
これが原因でガソリンを吐出できなかったのかもしれないし
上の予想が見当違いなのかもしれません。
新品ポンプをもう一個購入してばらせばわかる話ですが
そこまでする気にもなれません^^;

P.S
福祉用具専門相談員、無事に取得できました





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック