R.javaが作られない

AndroidStudioでアプリを作っているとたまに遭遇する現象
R.javaが作成されずビルドができなくなる
.xmlに問題があるケースがほとんどなのですが
厄介なのが、それまでは問題なくビルドできていたのに
AndroidStudioをアップデートしたらこの現象が出る場合。
SDKなどを片っ端からインストールしても解決せず
クリーンしようが何しようが症状変わらず。
今回久々にAndroidStudioをアップデートしてこの症状が出て、解決するのに悩んだので
備忘録代わりに書いておきます。
結論は簡単な話でターゲットSDKが最新盤になっていたこと
今回で言えばターゲットSDKが28(Android9.0)
これを少しずつ落としていき23で無事ビルドできるようになりました。
元々SHV32用に作っていたアプリなので
そもそもがターゲットを23にしていたので当然なのかもしれませんが
AndroidStudioがやたら最新バージョンのSDKを推奨してくるんですよね
困ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック