Canon EOS用 FD→EF変換アダプターを試してみました

昔から写真好きで、生まれて初めて撮影したカメラが小学2年生のころでCanonFXを使って撮影。
小学生の頃はリコーオートハーフで写真を撮りまくり、高校時代はA-1で撮影しまくりバイト代の大半がフィルム代と現像代で消えていました。
引っ越しの時に多くのレンズやカメラを処分したので、今では手元に残っているものも少ないのですが。

高校生のころから90年代後半まで使用していたのがこれ
190915-01.jpg
カメラロボの愛称で親しまれたA-1
Canonの70年代後半から80年代半ばまでの中級機最上位機種
一緒に写っているレンズ二本が当時常用していた
トキナーの80-200f2.8ズームとシグマの90mmf2.8マクロ
当時そこそこ高いレンズで、買うのに必死でバイトした思い出が・・・・・・
A-1も当時としてはそこそこの性能でしたが
80年代半ば過ぎに出たA-1の直系の後継機種T90がとても良いカメラで
友人がT90を使っていたので、借りたこともあり。
A-1の不満点を全て解消していたその性能にとても憧れを抱いていましたが
新品で買うには高く、中古も高く
生産から30年たった今となってはジャンクの嵐となり完動品はほぼ見当たらず
手に入れたくても手に入れにくい状況・・・・・・

ちなみにあらゆる面でA-1の上位互換だったT90ですが
唯一ISO感度の設定幅だけはA-1のほうが優れていました(笑)
まあ、ISO12800なんてどんなシチュエーションで使うのか思いつきませんが・・・

で、90年代半ばごろにカシオのデジカメQV-10を手に入れ
その場で撮影したものが見れ、PCにも取り込めるという便利さから
その後もQV5000SX、QV-4000とコンデジを渡り歩き
今のメインのコンデジがこれ
190915-10.jpg
CanonのSX130IS
画素数は1240万画素で、これでもかと言うほど機能を詰め込んだ上に単三電池で動くという
とても優れたカメラ。
普段の撮影は主にこれかスマホで撮影しています。

で、銀塩カメラのほうですが
A-1の性能不足(シャッタースピードが1/1000までしかないのと
シンクロ1/60、測光方式が中央部重点平均測光だという点、
T90だと最高速は1/4000ですしシンクロも1/250
中央部部分測光もスポット測光もついている)
これとモードラのニッカドパックがお亡くなりになったことが決め手となり封印
遊び程度に
19091502.jpg
これを買ってみたのですが
性能面ではT90にはるかに及ばず(廉価機種なので当然ですが・・・それでもA-1よりは上)
AFが自分の思ったのと違う合焦をしまくったりなどで足が遠のいていました。

でも、デジカメならばまだ写真を撮る気にもなるのではないかと思い買ったのがこれ
190915-03.jpg
EOS 10D
性能面ではほぼT90に並びました
と言ってもシンクロはT90のほうが速いですし
スポット測光もできないし、後幕シンクロもできない
後幕シンクロはともかく、私は逆光下での撮影や極端にコントラストの高い条件での撮影を好むので
スポット測光はどうしても欲しいのです。
A-1時代は常にEV補正しながら撮影していました。
トライXを4号か5号で焼くってのも凄い共感を感じていましたし(笑)

T90ってこのカメラよりも20年も古いカメラなんですけど
さすがバブルのころのカメラと言ったところでしょうね。
未だに各メーカーの中級機ですら凌駕するスペックを誇っています。

ちなみにEOS 10Dですが単純に画素数だけで見たら
メインで使っているコンデジのSX130ISの半分程度の画素数しかありません。

これを買ってはみたものの、なんかやっぱり写真を撮るのが面白くない。
最近気づいたのが、単純にAF一眼が嫌いなだけなんじゃないかと。
何しろ自分の思ったところにピントを合わせてくれませんから・・・

そこで物は試しと買ってみたのがこれ
190915-04.jpg
Wanby FD-EOS アダプターリングレンズマウント Canon FDレンズ用 EOS マウントレンズ用
Wanby FD-EOS アダプターリングレンズマウント Canon FDレンズ用 EOS マウントレンズ用
FDレンズをEOSで使えるようにする変換アダプターです
Amazonで一番安かったので購入
しかし、これはだめでした。
マクロしか使えないうえに、精度が悪すぎてレンズがガタガタ動く有様
まともに使えません。

次に買ったのがこれ
Canon キャノン FDマウントレンズ → Canon キャノン EF/EOSマウントボディ対応 補正レンズ内蔵レンズマウントアダプター
Canon キャノン FDマウントレンズ → Canon キャノン EF/EOSマウントボディ対応 補正レンズ内蔵レンズマウントアダプター
日本製と書いてあったので多少はましだろうと思い購入。
これが大正解で、これを使用して30年以上前のメインレンズだったAT-X828やシグマのマクロレンズが普通に使えました。
IMG_4276.JPG
実際にEOS 10Dで使用してみたのがこちら

でも30年以上前のレンズですし、EOS10はAPS-Cだし、どんな感じなのかとりあえず試し撮りしてきました
190915-06.jpg
鳩 200mmf2.8なのでフルサイズ換算だと320mmくらいでしょうか?
シャッター速度・・・忘れた
190915-09.jpg
同じく鳩 200mmf2.8
ここら辺は解放絞りでどんなボケ味が出るか
レンズがちゃんと使えるかの確認をしてました。

190915-08.jpg

これは90mmf2.8で撮影
190915-07.jpg
なんか花
190915-11.jpg
同じく花
ここら辺も90mmマクロが生きているかどうかの確認のために撮影しました。
ともに解放絞り

撮ってて気づいたんですが
高校生の頃の体力のあった私でもAT-X828は一脚つけないと手振れの嵐だったんだ・・・・・・
一脚無しだったから手振れがひどくて困りました
そして家に戻って一脚を引っ張り出したらプラスチックの部分が経年劣化で割れてました(´・ω・`)
一番上のロックが利かなくなっているのはきついなあ・・・・・・・
エポキシ接着剤で固めてみたけど、ロックした瞬間に割れたし・・・・・・
溶着してみようかな。

とりあえず撮影していて思ったのですが
私はやっぱりAFが嫌いです。
MFで自分の狙ったところにピントを置くほうが好きです。
久しぶりにMFレンズを引っ張り出しましたが
ピントリングを回している時がやはりワクワクします。
それと、これは当然の話ですが
一眼レフはやっぱりレンズが命です。
自分の思った通りにボケ味を出せる&絞り込んでシャープに写せる。
これができるレンズを使わないと面白くないです。

まあ、とにもかくにもこの2本のレンズは生きてそうですし
これで、また写真にのめりこめそうです。
今日、試せなくて後悔したNFD35-70f4.0ズーム
私の持っている唯一のNFDレンズですが。
空写すには、これが最適っぽいですし
このレンズが生きているかどうかも確認したいです。
とりあえず曇りやカビは無いから大丈夫だと信じてる。

P.S
190915-12.jpg
今日の空はとても綺麗でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント