メーター配線改良

ディオに取り付けたデジタルメーター
さて、燃料計の表示がどうにかならないかと考えていたのですが
ふと思いました、今は純正に合わせて燃料計の配線のF側E側共につけていますが
これって片側だけでいいのじゃ?
と言う事で早速試してみました。
メーターの黄/白を取り外して見るとめちゃくちゃだった燃料計の表示が
F側に近い処まで振れている。
実際にそこそこガソリンは入っているので良い感じです。
で、次にやったのが
今取り付けてるのはメーターの緑/黄の線
これは100Ωの配線です。
おそらく推測では100Ωになったらエンプティと判断するのではと思います。
そしてディオの燃料センサーはエンプティで25Ωまで下がるはず。
と言う事でこんな物を作りました。
画像

これ、中に75Ωの抵抗を挟んであります。
これを緑/黄線とディオ側の配線の間に噛ませればメーターの精度が上がる・・・はず。
実際つけてみたところ、良い感じで表示しています。
とりあえずしばらくは様子見です。

それと同時に、どうも体感速度より遅めに表示されるスピードメーター
幹線道路で車の流れに乗っていても30km/h台だったりと
どうにもあてになりません。
タイヤの外径はメジャーで測った実測値を入力したのですが
(90/90-10のタイヤで実測値129cm)
カタログ上の外径値から計算すると130cmちょっと
そこで131cmで設定しなおしてみました。
いざ試走してみると、今度はなんとなく体感速度より表示が高めの気がします。
そこで130cmで設定しなおし。
体感ベースですが、大体いい感じの表示をしている気がします。
機会があったら誰かに並走してもらって実際の速度を測定してみましょう。




"メーター配線改良" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント