AF27(AF35)ディオのフォークオーバーホール

フォークオイルが駄々洩れでオイルまみれのうちのディオ
乗り心地も悪いし、完全に再生不能になる前にオーバーホールしなければと思いつつ
なかなか手を付けられずにいましたが
今回やっと手を付けました。
オーバーホールするよりは中華製の社外サスを購入する方が安いのですが
性能やら信頼性やらを考えるとオーバーホールの方が良いと思います。

うちのAF27はAF35の金サスなのでAF35金サスのオーバーホール記事になります。
正立フォークのオーバーホールなら何度もやっているし大した手間ではないと思っていたのですが
AF35の金サスは思いがけず手間がかかり、地獄を見ました。
NSR50なんかの方が100倍くらい作業が楽です(笑

まずはオーバーホールに必要な消耗品の手配
画像

オイルシール、ダストシール、ストッパリング、Oリング、ピストンリング、スペシャルワッシャ
これが各2個ずつ必要になります。(オイルシールとダストシールは一緒になっています)

まずは車体からの取り外し。
ミツマタにインナーチューブを固定している2本のボルトを外します。
そしてフォークを引き抜けばOKなのですが
なぜか左側だけが固着していて抜けないのでキャリパーサポートをゴムハンマーでぶっ叩いて強引に取り外しました。

画像

これが外したフォーク・・・・・・
呆れるくらいオイルまみれです・・・・・・
とっくの昔に気づいていたけど・・・・・・手を付ける気力がわかず・・・・・・

手を付けさせすればあとは一気に行きます
画像

綺麗に洗浄します。
こうなるとパーツクリーナーでせこせこ洗うよりも、ふろ場でマジックリンとブラシで洗った方が圧倒的に効率が良いです(笑)
意外にもインナーチューブにも傷らしい傷はなく、単純にシールの寿命によるオイル漏れのようです。

画像

まずはソケットボルトを緩めます。
完全にばらしちゃうと電動インパクトでもないと緩められなくなるので
一番最初に緩めます。
くれぐれも緩めるだけです、外しちゃだめです。
(外しちゃうと一気にオイルが出ちゃいます)

画像

次にチューブキャップ(樹脂製)を尖ったものでこじって外します。
普通ならここにフォークキャップボルトがついていてボルトを緩めればOKなんですけどね

画像

これが地獄の原因のスプリングシート、普通はこんなのついていませんよね・・・
これのせいで地獄を見ます。
このスプリングシートを取り外さないとフォークが分解できないのですが
取り外すためにはスプリングシートを押し下げスプリングシートを外れないようにしているCリングを
こじって外す必要があるのですが。
シートを押し下げながらCリングを外すというのがかなりの力技で、しかもコツをつかまないとCリングが外れず
悪戦苦闘します。
私は悪戦苦闘の末スプリングシートをバイスプライヤで押し下げた状態で固定、Cリングを小さいマイナスドライバでこじって外しましたが

画像

外すのにもコツが必要で開口部から離れた部分からこじって行くと意外に外しやすい感じでした。
まあ、このCリングを外す作業が終わればオーバーホールの作業も80%が終了したと言っても過言ではないです!!

画像

Cリングが外れたらスプリングシートとスプリングなどを抜くのですが
スプリングシートのOリングが固くてなかなか抜けません。
ですので私は最初に緩めたソケットボルトを取り外し(オイル漏れますよ、要対策)
インナーチューブを先に抜き、シートパイプを押してスプリングごとスプリングシートを押し出しました。

オイルなんてほとんど空だろうと思ってたのに意外に入っていてびっくりです^^;

ばらしたら全てのパーツをパーツクリーナーで綺麗に洗浄します。
画像

ストッパリング、ダストシール、オイルシールも取り外してアウターチューブの中も徹底的に洗浄します。

画像

ピストンリングも取り換えましょう。
ダンパーの心臓部です!!

消耗品を全て替えたら
アウターチューブとインナーチューブを組みたて
ワッシャを新品にしてソケットボルトにネジロックを塗布して締め付けます(トルク2.0kg-m)
組み立てたらスプリングを入れる前にフォークオイル(10番)を投入(68cc)
インナーチューブをゆっくりと数回伸縮させてエア抜きを行い
油面高さを確認してスプリング、スプリングシート、Cリング、樹脂キャップを取り付けます。
取り外しと違ってCリングの取り付けは簡単です。

画像

完成したフォーク
オーバーホール前と違いダンパーもしっかりと効いているしオイル漏れの気配も無いし上出来です。
あとは車体に取り付けてホイールやらキャリパーやらを取り付ければ完了です。
やっぱり左側が固くてなかなか入らずゴムハンマーでぶっ叩いて無理やり入れました。
錆びてるのかな?

で、試走してきた結果ですが・・・・・・
乗り心地は悪い・・・・・・
これは・・・・・・路面が悪すぎるんだ・・・・・・
コーナリング時の踏ん張りが段違いに良くなっているのでオーバーホールの効果は出ていますが・・・
乗り心地改善にはなりませんでした(´・ω・`)

"AF27(AF35)ディオのフォークオーバーホール" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント